日月神示第四十一、四十二帖翻譯

2022/08/29閱讀時間約 1 分鐘

第41帖

人の知らん行かれん所で何してゐるのぞ。
在人不知也去不了的地方做什麼?
神にはよう(く)分って居るから、いよいよといふ時が来たら助けやうもないから、気をつけてあるのにまだ目さめぬか。
神很清楚明白地知道,當時候到了,想求助也沒有方法。
就算有注意可是還沒清醒嗎?
闇のあとが夜明けばかりと限らんぞ。
黑暗的後頭不淨是光明。
闇がつづくかも知れんぞ。
也有可能是黑暗的延續喔。
何もかも捨てる神民、さひはひぞ、捨てるとつかめるぞ。
全部都捨棄的神民,很幸運喔,捨就是得喔。

第42帖

初めの御用はこれで済みたから、早うお山開いて呉れよ。
一開始的事情就這樣告一段落,盡快開山吧。
お山開いたら、次の世の仕組書かすぞ。
開山之後,就會讓人寫下個世界的構造喔。
一月の間に書いて呉れた神示は「上つ巻」として後の世に残して呉れよ。
一個月間寫的神示,作為上卷流傳後世吧。
これから一月の間に書かす神示は次の世の、神の世の仕組の神示ざから、それは「下つ巻」として後の世に残さすぞ。
下個月的附身所撰之神示,將會表示下個世代(神世)的構成,將會作為下卷流傳後世喔。
その積りで気をつけて呉れよ。
以這樣的打算,給我留心喔。
御苦労なれども世界の臣民の為ざから、何事も神の申すこと、すなをに聞いて下されよ。
勞駕你的,不過這是為了這世上臣民,因此,不管什麼事都要坦然的依循著神示做喔。
這樣上卷就翻譯完了,接下來是下卷的翻譯になります。
よろしくお願いいたします。
    贊助創作者百元,就抽 $8,888 紅包與好禮!
    明治到昭和時期,日本誕生了一本預言書,叫日月神示。 這本書的著書過程有些離奇,有點類似於筆仙附身所撰。為了拋磚引玉,以及後世更好的理解這部著作,我將以最快的速度翻譯。第20帖以前的翻譯可以在網路上找到,可以移駕至別地觀看。
    如果要發表留言,請先登入註冊會員
    享受沈浸的閱讀體驗
    徜徉在不受干擾的簡約介面,瀏覽數百萬篇原創內容。
    領取見面禮
    只要設定追蹤作者,即可享有 48小時
    Premium 閱讀權限