1980年後、日本S.F.と台湾S.F.の連結--2019日本Sci-con發表(4)

2019/10/14閱讀時間約 4 分鐘
前の部分にて、我々が台湾S.F.の特色を紹介しました。例えば奇幻とS.F.の間に殆ど距離無し、及び台湾S.F.発展の中に形成した5つの流派等、外国作品を参考してから再び創新する痕跡が見えます。これから我々が話したいのは、「外国の作品を参考してからの再創新」という環節の中、台湾の創作者が日本のS.F.作品の中、どんな養分と内容を吸収してあり、最終的に自らのユニークな物語になることを説明します。

日本S.F.と台湾S.F.の連結

現在、台湾のS.F.創作者にとって、日本のS.F.から、注意に値するな影響を運んできた。1980年後、新一代の台湾S.F.創作者達が、一定程度で日本のS.F.作品を接触してあったーー特にアニメと漫画作品です。
台北の西門町が、日本と台湾文化交流の場所である。2018年から,「台北ランターンフェスティバル」には、必ず西門町の裏書キャラクター─《冥戦録》の“林默娘”(りん・むぉうにゃん=媽祖様)擬きの灯篭を展示する。
茲にて1980年後、台湾にて知名度のある日本S.F.作品を話しましょう。先ずは《新世紀エヴァンゲリオン》です。S.F.をそんなに分からない読者でも、「暴走」、「人類補完計画」等の言葉が分かる。その次、《ガンダム》シリーズが台湾のテレビチャンネルにて放送したおかげて、愛好者を積み上げました。2000年から放送した《ガンダムSEED》が、更に目前、台湾20─30代若者の青春記憶である。小説の部分については、《銀河英雄伝説》が、数少ならず台湾読者の啓蒙の作である。中には独裁と民主の論争が、常に台湾の読者から、台湾の政治・社会状況と比較することにします。
台湾にて知らされてる三つの日本S.F.作品:《新世紀エヴァンゲリオン》、《ガンダムSEED》、《銀河英雄伝説》
日本のS.F.作品が台湾に来てから、少なくとも3つの方面へ影響したと、我々がそう思います。

A. 新題材の出現

日本の特撮映画を導入してから、台湾にて特撮愛好者の群れが形成しました。特撮映画の中に、常に出現する巨大「怪獣」が、台湾S.F.作品の新題材にもなります。例えば唐澄暐(とう・ちょうい)先生の《陸上怪獣警報》、《蒋介石銅像の復讐》等が、怪獣を主題とするS.F.創作である。
日本の特撮映画の中にある怪獣が、今も台湾S.F.創作者が使われてる題材になる。

B. 旧題材の復活

早年の台湾にて,大学生になってから、各大学へ連絡可能な電子掲示板システムに参入可能になる。其のシステムが台湾に知らない人がいないBBSです。1990年代、台湾のBBSに、初代のインターネットゲームを導入しました。インターネットゲームの流行りに連れて、大学生の中に、インターネットゲームを主題とする、一つ波のS.F.創作を起こった。これらの創作がバーチャルと現実世界にての往復を言及し、インターネットで連載方式で読者と接触した。この群れの大学生が卒業することに連れて、インターネットゲームを主題とするS.F.創作も段々消退しつつあった。然し、2009年前後、同じくインターネットゲームを主題とする《アクセル・ワールド》と《ソードアート・オンライン》が台湾に導入されてから、もう一つ波のインターネットゲームを主題とする創作ブームを引き起こされた。
日本から導入された《アクセル・ワールド》、《ソードアート・オンライン》が、再び台湾のインターネットゲーム類S.F.小説創作のブームを引き起こされた。“星爆氣流斬”(=スターバースト・ストリーム)の魅力が流石ですね。

C.表現手法の改変

《新世紀エヴァンゲリオン》が1990年代に導入されてから、台湾の創作者達が該当作品の物語構築方式を模倣し始め、並びに其れを「意識流書き方」を呼称する。この意識流の書き方について、例としては1~2ページを占拠する巨大字体を使用することや、1つのページにとあるキーワードを絶えずに繰返すこと。例えば「可愛い可愛い可愛い.......」等。一方で、日本S.F.作者、永野護先生の「設定を先に書いてから、物語を書こう」という作法も、一部分の台湾創作者から採納された。例えば、李伍薰先生が《臨界戦士COLONIA》の中,初めては巨大ロボットの設定をインプットしてから、物語が始める…等。
《新世紀エヴァンゲリオン》中の「暴走」が,もはや台湾の読者がお馴染みの言葉となった。其の外、《ファイブスター物語》を創作した永野護先生から「設定が先に、物語が後に」の方法も、一部台湾のS.F.創作者に採納された。
62會員
254內容數
庸俗是很重要的,因為任何偉大的事物,都從最庸俗的地方開始,而任何庸俗的事物裡,總是能掰出最偉大的地方。在從庸俗變得偉大,或是從偉大裡發現庸俗之前,就先獻給自己能夠誠實面對自己吧。 那個庸俗簡單又隨時可能變得偉大的,庸俗的我。
留言0
查看全部
發表第一個留言支持創作者!
從 Google News 追蹤更多 vocus 的最新精選內容