歴史の発展脈絡から見る、台湾 S.F 小説--2019日本Sci-con發表(2)

閱讀時間約 9 分鐘
今日は、石林散人(せきりんさんじん)です。今回は日本 SF 大会にて、台湾 S.F.小説の発展を簡単に紹介します。これからは歴史発展の脈絡より、台湾 S.F.の五大流派を紹介し、このような方式で、皆様にもっと台湾 S.F.の発展 状況を理解出来ますよう努めます。

純文学流派

娯楽性と読みやすさを持つ大衆文学と相対し、純文学が学院派に偏り、常に強 調するのは、文字の芸術性と可能性の分類、或いは作者が自身への探索等;大 衆文学のように、読者の需要を応えることを首位目標に置かないのです。 張曉風(チャン・シァオフォン)先生が発表した《潘渡娜》(パンドナ),が、 二戦後初めての中国語 S.F.小説です。張曉風先生が、正統的な文学教育から 出身した為、作品も文学性を重視しています。、S.F.文学も文学の領域に属し ますから、文学性を重視するのは間違っていないですが…。然し大衆文学が興 ることに連れて、純文学路線の作者も相当的な低迷期を経歴した。また時代の 発展に連れて、テレビ、映画、ビデオゲーム等多種多様な娯楽が興ってから、 消費者たちの娯楽も分散され、純文学が自らに属する発展空間を開創した。
張曉風(チャン・シァオフォン)先生が 1968 年に発表した《潘渡
娜》(パンドナ)は、戦後初めての中国語 S.F.小説です。
その中一番新鋭なる作者が、吳明益(ご・めいえき)先生です。吳明益先生の作 品《複眼人》が、当代の環境意識を呼応するだけでなく、作品の中に現れる、 強烈な知性、及び実証精神が、読者達の眼界を広げるに至ります。
吳明益先生《複眼人》が、フランスの島文学賞(Prix du livre
insulaire)小說類大賞を獲得してあり、国際にて高い評価を得た。

海外の風潮--通俗的な文学

純文学ジャンルが、市場を持たないことではありませんが、社会が穏やかに発 展し、経済状況が改善してから、人々が娯楽を求め、強烈な娯楽性質を持つ香 港 S.F.(中国語)が台湾に導入する時、大いにブームを巻き起こしてありまし た。
物語は香港作家=倪匡(にー・くわん)先生の“衛斯理”(ワイズリー)シリ 5 ーズが 1978 年にて台湾に導入してから。倪匡先生の作品が、武術・神秘学・ 推理と諜報等、多重なる要素を結合し、強烈的な商業化性質を持ちますので、 読者が高度的な娯楽化作品の需要に丁度満足したので、大いに歓迎された。倪 匡先生が台湾市場での成功により、台湾出版業界が娯楽性の高い、大衆向け S.F.作品の受け入れ程度が大幅に昇りました。
倪匡先生の《衛斯理伝奇》(ワイズリー伝奇)が台湾にてブームになった、そ の後の“倪匡 S.F.小說賞”こそ、台湾の S.F.小説の発展に著しく貢献しまし た。
倪匡先生が台灣の作者達に、例えば蘇逸平(すう・いっぴん)先生、葉李華(い ぇ・りほわ)先生にも相当的な影響を受けさせ、蘇逸平先生が作品の性質上、 倪匡先生と相似し、“新世代倪匡”の称号を得た;葉李華先生が倪匡先生の認 可を受け、《衛斯理回想録》(ワイズリー回想録)を書いてあり、倪匡先生のシ リーズ作品の関連性及び時間軸を補完した。
蘇逸平(すう・いっぴん)先生が作品の性質上、倪匡先生と相似
し、"新世代倪匡"という称号を得た。
葉李華(いぇ・りほわ)先生が倪匡先生の認可を受け《衛斯理回
想録》を書いてあり、倪匡先生のシリーズ作品の関連性及び時間軸を補完した。

社会議題流派

S.F.作品が常に、寓話性質の帯びる創作として認識され、社会議題類型の作品 が、特に S.F.創作の面から焦点を集中し、S.F.の角度から、現在社会中にも存 在する問題を衝撃し、読者により深く、作品で探究したい社会議題を考えさせ てもらうことに誘発する。
1980 年にて、張系國(ヂャン シーグオ)先生から発表した《星雲組曲》、その 中にに収録した《望子成龍》(子供の将来)短編小説で、台湾の父母が子女の未 来を、過度なる期待と焦慮を抱く気持ちを、辛辣で著しい批判と探究が行われ た。
張系國(ヂャン シーグオ)先生が 1968 年にて S.F.作品《超人列
伝》を発表し、それからも S.F.創作に絶えずに耕作してあり、“台湾 S.F.小説
の父”という美名を得ました。
近頃、台湾作者伊格言(エゴヤン)が創作した《零地點》(グラウンド・ゼロ 台湾第四原発事故)が、虚構の原発事故から、台湾原発事故問題を探究する作 品です。
伊格言(エゴヤン)の《零地點》(グラウンド・ゼロ 台湾第四
原発事故)が、台湾が原発事故議題の心配と恐怖に重点に置き,現代文明が正
しい道に歩んでいるかという疑問を提出しました。

児童,青少年文学流派

今までに、香港作者のように巻き起こした大衆娯楽風格が、成年の人をメイン カスタマーとして偏り、社会議題的な S.F.作品もそれ程、児童が関心する題 材ではないので、“児童少年 S.F.”が今まで開発されなかった、一つ新たなる 読者群れをうち開けました。
黃海(ほわん・はい)先生が 1984 年に発表された《奇異的航行》(奇妙な航行) 以降、児童少年向けの S.F.作品を絶えずに創作し、台湾の児童少年 S.F.小説 始祖と言われ、持続的に児童の為に S.F.作品を作ろうとする志を持つ作者の 養成に努めます。
黃海(ほわん・はい)先生の S.F.創作が 1968 年から絶えずに創
作し、代表作品其の一《 大鼻國歷險記》も、台湾国家文芸賞の肯定を得た。
近年以来、台湾作者の李伍薰(りー・うしゅん)が、目標を青少年読者群れに 狙い、李伍薰先生の代表作《海穹》シリーズ作品が、生態と幻想要素を結合し、 独特で魅力を持つ海洋世界観を創造した。自身の創作以外、李伍薰先生が《海 穹文化》出版社を設立し、台湾新生代作者の発掘と培養に、相当的な情熱を貢 献しました。
李伍薰(りー・うしゅん)先生が近年以来、S.F.の創作を持続す
る以外、後進を提携し、台湾 S.F.創作人材の発掘にも余力を残さない。例とし
て《強迫升級 3.5》或いは《捷運 X 殭屍》二つのシリーズが李伍薰先生がかな
りの發展空間のある概念を構築してから、新興なる台湾 S.F.創作者に発揮す
る例であります。

ネット文学流派

インターネット(後に“ネット”で略称)が伝統的な発表プラットフォームと違 って、極高い自由度・高い拡散性と高い交流性があり、高い自由度によって作 7 者の創作方向をより多く可大胆的な試しが出来、高い拡散性によって作品の流 動性が伝統媒体経由より大きく,高い相互作動性によって作者と読者の距離が 前よりもっと近づき、より簡単に読者の好悪を了解しますので、多くのネット 作家が高度的な娯楽化にて、伝統作家より大胆で急進し、全てが読者から作品 への関心と注意を得るためになります。これもネット文学の特色である。
台湾ネット文学の興りが、主に 1990 年代の末から、1998 年莫仁(もー・じぇ ん)先生がネットで《星戰英雄》を連載し、出版社の発掘・正式出版を得てか ら、正式的にネットでデビューする道を作った。莫仁先生の作品風格が、仙道 の修練・武侠と S.F.を結合し、自らの独特的な風格を形成した。
莫仁(もー・じぇん)先生がデビュー作《星戰英雄》から、“玄
幻”創作に力を入れ,其の作品がずっと歓迎されて、ネット書店ランキング内
の常客です。
目の前に、ネット作家の身分で台湾にて知名度が最も高いのは、九把刀(じょ う・ばー・だう)先生です。九把刀先生の風格多様性と多産性が、代表作《都 市恐怖病》シリーズから伺える。このシリーズが、武侠・ホラー・奇幻・警と 匪・S.F.等、各種違うジャンルの題材で,同一の世界観で繋がってる作品です。 その作品の中、香港作家からの影響を感じられ、流行りの要素も量多く融合し てあり、要素の参考範囲は、テレビ、映画からアニメ・漫画まで作品に入れ込 んであります。
九把刀(じょう・ばー・だう)先生が、作品の題材と風格を全力
的に変化を求め、近年以来映画・脚本へ発展し、未だに全ての作品風格が S.F.
創作に分類することが出来るかは未知数ですが、ネット作家として、九把刀先
生がかなり体表性を持つ人である。

結論

台湾の S.F.文学が色んな派別に、多様化なる発展を遂げてある。原因は作者 の皆様が、よりよい境界を求めるから、時代を連れて、創作者達が当時の政治 情勢・社会現象と文化発展を依拠し、外来文化の養分を吸収し、夫々の試しを 行いつつある。旧流派でも、新時代の中に新たなる相貌に変えることが可能で す。時代の変わりに連れる、ずっと変化していく進化の方式が、前の文章に、 雲山が言うーーS.F.創作類型の更新発明である。
62會員
253內容數
庸俗是很重要的,因為任何偉大的事物,都從最庸俗的地方開始,而任何庸俗的事物裡,總是能掰出最偉大的地方。在從庸俗變得偉大,或是從偉大裡發現庸俗之前,就先獻給自己能夠誠實面對自己吧。 那個庸俗簡單又隨時可能變得偉大的,庸俗的我。
留言0
查看全部
發表第一個留言支持創作者!